再稼働に向けて — 政府と原子力コミュニティの宿題

2012年05月07日 13:00
澤 昭裕
国際環境経済研究所所長 21世紀政策研究所・研究主幹

(GEPR編集部より)GEPRはNPO法人国際環境経済研究所(IEEI)と提携し、相互にコンテンツを共有します。同所所長の澤昭裕氏のコラムを提供します。

先日、日本の原子力関連産業が集合する原産会議の年次大会が催され、そのうちの一つのセッションで次のようなスピーチをしてきた。官民の原子力コミュニティの住人が、原子力の必要性の陰に隠れて、福島事故がもたらした原因を真剣に究明せず、対策もおざなりのまま行動パターンがまるで変化せず、では原子力技術に対する信頼回復は望むべくもない、という内容だ。

事故が起った今となっては、原子力の必要性を主張する上で、原子力コミュニティは先ず福島事故について真摯に本気で反省しなければならない。火力や再生エネルギーの業界に比べ、原子力産業界の規模は、圧倒的に大きい。一般の人々は、原子力の利益複合体の巨大さを、脅威をもって感じ始めている点が、これまでとの違いだ。このため、自制心・事故に厳しい態度・自浄作用・外部からの批判に対するオープンネスを、意識的に持ち続けない限り、国民の信頼回復は難しい。

原子力関係者が先ずやるべきは、専門的見地から事故を分析し、至らなかった点を明らかにした上で、対策を講じることだ。更に今後、原子力産業界や電力会社が自ら安全対策のトップランナーたらんとする意欲を持って、自ら国が定めた基準を超えて安全確保に取組む姿勢を見せなければ、信頼は回復できないであろう。

これまで行ってきた私自身の対話活動の経験を基にすれば、信頼回復には3条件が必要だと考えている。

第一には、政府が原子力の必要性について説明するという従来の役割をきちんと果たしたうえで、法的枠組みを再構築し、それに従った行政を行うべきである。浜岡原発停止要請・事業者へのストレステスト実施指示・閣僚会合による再起動判断といった福島事故後の政府の対応には法的根拠があいまいなものばかりだ。原子力のような国民の生命・財産に関わる重大な問題について、法的根拠を持って処理していかなければ国民の信頼は得られないであろう。

第二に、福島事故の被害およびその賠償が現実的に処理不能なレベルに拡大しないようにしなければならない。事故処理に関して、低線量被曝のリスクコミュニケーションができていないのが問題である。低レベル放射線の健康影響について、政府は十分な説明が出来ていない。その結果、解消されない市民の不安に配慮し、政府は除染や食品の基準を必要以上に厳しく設定することを強いられている。このような被害の拡大により、原子力ビジネスのリスクが大きいと評価されるようになれば、ファイナンスがつかなくなる事態を招いてしまう。また原子力損害賠償に関連しては、財務的リスクをプールするしくみや国の関与のあり方を見直すことも必要である。これら取組みを通じて、金融機関からの信頼を回復しなければならないと考える。

第三には、原子力業界がヒューマンファクター改善を事故対策の一環と位置づけ、人材育成やトレーニングに取り組まなければならない。事故後に施された対策の多くはハード的なものであることをもって、原子力関係者の発想が変わっていないとの印象を抱く。事故検証によりヒューマンファクターに問題があったことは明らかであり、ハードウェアの改善のみでリスクを低減したと言っても、信頼は回復できないであろう。

今後原子力を維持する上で政府がやるべきは、
①バックエンドを含む原子力政策の必要性の説明と法に基づく行政の回復
②低線量被曝のリスクコミュニケーション
③原子力損害賠償法の見直し
の3点だ。

さらに原子力業界全体として取り組むべきは、
①危機管理能力を育成できる組織設立と教育プログラム開発などを含む産業界・規制側両面における人材育成
②地元住民の不安解消に向けた発電所職員(特に所長)と住民の対話
③原子力以外の産業界の人が、技術・品質のマネジメントの観点から原子力発電所の運用方法を定期的にチェックするしくみ(例えば、原子力臨調の設置)
の3点だ。

官民の原子力コミュニティが、こうした宿題に真剣に取り組むかどうかを、反原発派でなくとも、普通の国民はしっかりと見ているということを忘れないでもらいたい。

This page as PDF
澤 昭裕
国際環境経済研究所所長 21世紀政策研究所・研究主幹

関連記事

  • 自民党河野太郎衆議院議員は、エネルギー・環境政策に大変精通されておられ、党内の会議のみならずメディアを通じても積極的にご意見を発信されている。自民党内でのエネルギー・環境政策の強力な論客であり、私自身もいつも啓発されることが多い。個人的にもいくつかの機会で討論させていただいたり、意見交換させていただいたりしており、そのたびに知的刺激や新しい見方に触れさせていただき感謝している。
  • 福島第一原発事故をめぐり、社会の中に冷静に問題に対処しようという動きが広がっています。その動きをGEPRは今週紹介します。
  • 運転開始から40 年前後が経過している原子炉5基の廃炉が決まった。関西電力の美浜1、2号機、日本原子力発電の敦賀1号機、中国電力島根1号機、九州電力玄海1号機だ。これは40年を廃炉のめどとする国の原子力規制のルールを受けたものだ。ただしこの決定には問題がある。
  • 震災から10ヶ月も経った今も、“放射線パニック“は収まるどころか、深刻さを増しているようである。涙ながらに危険を訴える学者、安全ばかり強調する医師など、専門家の立場も様々である。原発には利権がからむという“常識”もあってか、専門家の意見に対しても、多くの国民が懐疑的になっており、私なども、東電とも政府とも関係がないのに、すっかり、“御用学者”のレッテルを貼られる始末である。しかし、なぜ被ばくの影響について、専門家の意見がこれほど分かれるのであろうか?
  • 経済産業省において「エネルギー情勢懇談会」の提言が4月13日にまとめられた。現在政府が策定した長期のエネルギー政策としては、2014年に策定したエネルギー基本計画があり、ここでは主として2030年のエネルギーミックス目標
  • 先日、ロンドンの著名なシンクタンクが主催するハイレベルのフリーディスカッションに参加してきた。テーマはエネルギーを巡る4つの相克(Quadlilemma)である。4つの相克とはエネルギー安全保障、環境保全、国際競争力、エネルギーアクセスを指す。エネルギーの安定供給を図りながら、温室効果ガスも削減し、エネルギーコストを抑えて競争力を確保し、かつエネルギーアクセスを有していない人々(世界の人口の26%)へのエネルギー供給を確保していくことはミッション・インポッシブルに近い難題である。
  • 六ケ所村の再処理工場を見学したとき印象的だったのは、IAEAの査察官が24時間体制でプルトニウムの貯蔵量を監視していたことだ。プルトニウムは数kgあれば、原爆を1個つくることができるからだ。
  • GEPRの運営母体であるアゴラ研究所は映像コンテンツである「アゴラチャンネル」を提供しています。4月12日、国際環境経済研究所(IEEI)理事・主席研究員の竹内純子(たけうち・すみこ)さんを招き、アゴラ研究所の池田信夫所長との対談「忘れてはいませんか?温暖化問題--何も決まらない現実」を放送しました。 現状の対策を整理し、何ができるかを語り合いました。議論で確認されたのは、温暖化問題では「地球を守れ」などの感情論が先行。もちろんそれは大切ですが、冷静な対策の検証と合意の集積が必要ではないかという結論になりました。そして温暖化問題に向き合う場合には、原子力は対策での選択肢の一つとして考えざるを得ない状況です。

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑