とてつもないイノベーションの可能性がここにある — ビル・ゲイツ、福島事故後の原子力エネルギーを語る(上)

2012年10月29日 16:00
ビル・ゲイツ
マイクロソフト会長

ゲイツ氏とポネマン米エネルギー省次官

マイクロソフト社の会長であるビル・ゲイツ氏は「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」を運営し、教育や医療の改善、食料生産の拡大、持続性のある経済成長、貧困問題の対応など、地球規模の社会問題の解決のための活動をしている。その中で、安く大量に提供されるエネルギーを提供する方法を探す中で、原子力に関心を向けた。

今回ゲイツ氏から、自分の意見や、社会に役立つ情報を集めたサイト「ゲイツ・ノート」(The Gates Note)で、公開された映像資料「福島事故後の原子力エネルギー(Nuclear Energy After Fukushima)」の日本語訳の公開を許諾いただいた。この記事は2011年9月29日にワルシャワで開催されたIFNEC(国際原子力エネルギー協力フレームワーク)で、米国エネルギー省のダニエル・ポネマン次官とのビデオ対談を基にしたものだ。

和訳はワック出版に協力いただいた。同社の雑誌Willの2012年11月号「「原発ゼロ」でいいのか」「ビル・ゲイツ 原子力を楽観的に語る」に、同趣旨の記事が掲載されている。

ゲイツ氏は、記事「上」で以下のことを主張した。

1.貧困、人々の健康の改善など、世界規模の問題に対応するためには、安く、大量のエネルギーが必要である。

2.さまざまなエネルギーの可能性を試すべきだが、原子力はその中で有効な解決策である。そしてとてつもないイノベーションの可能性がある。

また記事「国際協力によるコスト引き下げがイノベーションの鍵=ビル・ゲイツ、福島事故後の原子力エネルギーを語る(下)」では次のことを主張した。

3.福島原発事故後、安全性を高めるための規制はできる限りのことを行わなければならない。しかし私(ゲイツ氏)は原子力のイノベーションの可能性を楽観視している。

4.投資を促し、民間企業の参入障壁を取り除くことが必要だ。そのために、国際協力や進化したシミュレーション技術を使った規制の合理化、大学の協力などで支えなければならない。

以下は本文。

安く大量のエネルギーの供給が貧困問題解決の鍵

−−なぜあなたがこうした分野に関心を持つようになったのか、さらにあなたがこの分野でどのようなことをされているのか、教えていただけませんか。

ゲイツ エネルギーとはまさに、すべての人間活動の中枢に位置しているものです。自分の財団の仕事、そして貧困層の生活改善に専念するようになって、私はイノベーション(技術革新)によって、これらの人々の生活を改善できる可能性に注目するようになりました。

技術革新によって、これらの人々は、より安価な肥料や建築資材、さらには冷蔵庫や夜間に読書する灯りを手に入れることができるのです。そしてその改善活動をする上で、中心的な役割を果たすのがエネルギーです。そうした観点から、この分野での画期的なイノベーションが必要です。それを実現することによって、貧困層の人々が人間が当たり前と考える生活と物資を享受できるように支援することが求められているのです。

そこで私はエネルギーに関する文献を調べました。バーツラフ・スミル教授(環境学者、カナダ・マニトバ大学教授)をはじめとするエネルギーの歴史に関する優れた著書を発表している研究者の文献に触れ、そして世界中の人々に安価なエネルギーを供給することができる可能性を秘めた事業に対して投資しようと決意したのです。

−−どのようにすればそのような技術革新を進めていけるのでしょうか。さらにそれを実際に経済活動の中に取り入れるにはどうすればよいでしょうか。

産業としてエネルギー分野を見てみると、私がこれまでの経歴の大半を費やしてきたIT分野と比べても、より複雑であると感じています。

IT分野には、エネルギー分野に見られる規制に関する煩雑な部分や、リードタイム、安全性に関する複雑さもありませんでしたから。こうしたことがエネルギー分野における非常に難しい点であると言えます。

エネルギー分野では、新しいイノベーションを展開していくには実際のところ非常に長い時間が必要となることを考えると、イノベーター(革新者)に対するインセンティブ(刺激)を与えられないとか、新しい取り組みに十分な財源を提供することが難しくなるとかの問題もよく起こります。

これはさまざまな形のエネルギーに当てはまることではありますが、なかでも原子力の分野において顕著であると言えるでしょう。原子力分野における設計の革新的改良などの試みは、期待されるほど早いペースでは進展しえないでしょう。ですから改良を促進するために、できることはすべてやるべきだと、考えています。

私はエネルギーの領域に大きなチャンスがあると思います。そして多くの企業がさまざまなことにチャレンジできるようにしていくことが必要であると考えています。太陽光、風力、原子力、あるいはクリーンコールであれ、各分野で最低限の数であっても、複数の企業が確実な成果を出すことが求められているでしょう。

そうすることで貧しい人たちに安価なエネルギーを提供しながら、温室効果ガスの排出抑制を含めて、環境破壊をもたらさないエネルギーを獲得するという必要があります。

エネルギーの革新であらゆる可能性を試すべき

−−今後の世界は、どのようなエネルギー技術を組み合わせながら使っていくことになると思いますか。

それに優劣をつけるのはなかなか難しいのではないのでしょうか。ご存知のとおり、 時代をさかのぼってみれば、自動車のエンジンに関しても、蒸気エンジン、バッテリーエンジンが使われました。 現在非常に高いシェアを占めている内燃エンジンは過去には最も難しいと考えられていたこともあったのです。最終的には、エンジンについて私たちは技術を融合する事に頼ることになるでしょう。現在のところディーゼルも、そのなかで重要な役割を果たしています。

ですからエネルギー技術が今後どうなっていくかは、はっきりとは分かりません。ただし私がはっきりと認識しているのは原子力にはとてつもない可能性があるということです。

ごく小さなスペースから得られるエネルギーの量や、イノベーションが適切に行うわれた場合に経済に与える可能性について考慮すると、原子力エネルギーが今後も追求し続けていくべき重要な進路の一つであると考えています。

もしも太陽光発電が10倍安い価格を実現し、 問題となっている蓄電技術の課題や、必要とされる場所にエネルギーが届かないという送電上の問題が解決されたなら、それは素晴らしいことです。実際に私はこの分野にも投資をしています。

しかし、実際のデータを見て「今よりも安く、しかもどの地域にも設置できるエネルギーとは何か」と考えた場合に、原子力がこの問題に対処できる数少ない解決策のうちの一つなのです。

−−私たちは民間セクターに存在する莫大な資本を活用していかねばなりません。原子力の技術は時間のかかるものであり、資本の集中的な投資が必要な活動であると考えた場合に、 原子力の領域において、どのような仕組みをつくるべきであると考えていますか。

大きな成果を挙げられるまで、投資家が関わらなければならないでしょうね。 すべてのピースが組み合わさり、複数のプラントができあがるまでには何十年もの間、 資金をつぎ込むことが必要になるでしょうから。ですから原子力事業では、かなり早い段階から研究開発行うことで発生するコストに見合うロイヤリティを新しい取り組みから回収することができるような計画を立てることです。

わずかな改善だけでは企業の参入を求めていくことは難しいでしょう。ご存知のとおり、 モジュラー型原子炉の設計を採用している企業もあります。 私も経営にかかわっているテラパワー社は高速原子炉に関連して興味深いイノベーションをしています。

エネルギーを格段に安くできる潜在性があり、安全上の制約にも適合しえるこのようなアプローチを知っていただければ、原子力の可能性を信じていただけると思います。こうした制約は、これまでも常に高く設定されていましたし、むろん福島の原発事故以降は、さらに設定レベルが上げられました。原子力の可能性が知られれば、アップルやグーグル、あるいはマイクロソフトを立ち上げたような優れた集団が登場してくるものと考えています。

幸運にも、原子力関係者の中には教育を受けた才気あふれる人材もいます。さらに米国では政府の資金提供を受けた特別の実験も行われています。イノベーションの基礎となる技術の大半は、よく理解され、使いこなされるようになりつつあります。

私たちは莫大な量の原子力開発を一から始めるわけではありませんが、さらに開発を進めていくことが必要です。そして適切な規制枠を設定し、何を行う必要があるかをはっきりと理解できるように知れば、この領域で試されている素晴らしいアイデアを、よりいっそう実現に向けて推進することが可能になります。

国際協力によるコスト引き下げがイノベーションの鍵=ビル・ゲイツ、福島事故後の原子力エネルギーを語る(下)」に続く。

(2012年10月29日掲載)

This page as PDF

関連記事

  • フランスの国防安全保障事務局(SGDSN)は「重大な原子力または放射線事故に係る国家対応計画」を発表した(2014年2月3日付)。フランスは原子力事故の国による対応計画をそれまで策定せず、地方レベルの対応にとどまっていた。しかし、日本の3・11福島第一原子力発電所事故を受け、原子力災害に対する国レベルの対応計画(ORSEC 計画)を初めて策定した。
  • GEPRフェロー 諸葛宗男 はじめに 日本は約47トンのプルトニウム(Pu)を保有している。後述するIAEAの有意量一覧表に拠れば潜在的には約6000発の原爆製造が可能とされている。我が国は「使用目的のないプルトニウムは
  • (1)より続く。 【コメント1・ウランは充分あるか?・小野章昌氏】 (小野氏記事「ウランは充分あるか?」) 無資源国日本ではエネルギー安全保障上、原子力しかない。莫大な金をかけて石油備蓄しているが、これは1回使ったら終わ
  • 原子力規制委員会による新規制基準の適合性審査に合格して、九州電力の川内原発が再稼動した。この審査のために原発ゼロ状態が続いていた。その状態から脱したが、エネルギー・原子力政策の混乱は続いている。さらに新規制基準に基づく再稼動で、原発の安全性が確実に高まったとは言えない。
  • (GEPR編集部)この報告は、以下の日本学術会議臨床医学委員会放射線防護・リスクマネジメント分科会の審議結果を取りまとめ公表された、「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題―現在の科学的知見を福島で生かすために―」の要旨
  • 日本経済新聞
    日本経済新聞3月27日記事。東芝の経営危機の主因である米原子力子会社、ウエスチングハウス(WH)が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請する方針を決めたことが26日わかった。WHは適用申請後の支援先として韓国電力公社グループに協力を要請した。
  • 2013年9月15日に大飯発電所4号機が停止して全原子力発電所が停止して以来、既に1年5ヵ月間我が国にある48基の原子力発電所は休眠状態に置かれている。このため、代替電源の燃料費としてこの4年間(2011年~2014年)に12.7兆円もの国費が海外に流出した。消費税5%に相当する巨額な金額である。アベノミクスでいくら経済を活性化しても、穴の開いたバケツで水を汲んでいるに等しい。
  • アゴラ研究所は10月20日、原子力産業や研究会の出身者からなる「原子力学界シニアネットワーク」と、「エネルギー問題に発言する会」の合同勉強会に参加した。 そしてアゴラ研究所所長の池田信夫さんが、小野章昌さん(エネルギーコ

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑