まだない未来? — ジュネーブ・モーターショーから垣間見えたもの

2013年05月13日 12:20
国際環境経済研究所首席研究員

IEEI版

100年のモーターショー、今年のトレンド

3月7日から筆者の滞在するジュネーブにて開催された100年以上の歴史を誇るモーターショーを振り返りつつ雑感を述べたい。「Salon International de l’Auto」、いわゆるジュネーブ・モーターショーのことだ。いわゆるジュネーブ・モーターショーのこと。1905年から開催されている。

3月8日付日経BPネットでは「高性能車よりエコカー?販売不振が続く欧州で自動車ショー開幕」との見出しでジュネーブ・モーターショーを紹介している。

しかし、実際に自分自身も現場へ数回足を運び(自動車に関しては素人で一般人的な感覚で)率直に言えば違和感のある見出しと感じた。(全体の様子は写真1)。

もちろん、フェラーリ初のハイブリッド車「ラ・フェラーリ」(写真2)が開幕当初からの注目を浴びていたことを考えれば、引き続き「エコ」がテーマの一つであったことは間違いない。しかし、主要な自動車メーカーのブースを見て回るに、昨年のジュネーブ・モーターショーで多く見かけた燃費比較のパネル等は目立っていなかった。

(写真2)フェラーリ初のハイブリッド車「ラ・フェラーリ」

個人的な印象の域を出ないが、昨年大々的に電気自動車の充電器と家電製品とのリンクを展示していた三菱自動車は、今年も同様の展示をしていたもののその規模は縮小されていた一方、ワゴンタイプの中型車の陳列により多くのスペースを割いていた。

ホンダもメインの展示はシビックの新型ワゴン(コンセプトカー)(写真3 中後ろに見える車体)であり2014年の欧州市場投入を睨んでの展示であった。そうした展示の様子からは、1月15日付日経電子版が伝えている「高級「アメ車」が再び主役にー北米自動車ショー」という見出しの方がトレンドを捉えていたように思える。

(写真3)ホンダのブース

エコはもう当然の必要条件

ジュネーブ・モーターショーへの出展に関与した自動車メーカー関係者何人かにそうした感想を述べたところ、「エコはもう当然の必要条件であり、むしろ、車本来の楽しさや次のテーマを押し出していく時期」といった反応があった。確かに、比較的各社が注力していた中型車の類のラインアップは非常にワクワク感を醸成していたように感じる。(注)

今から15年以上前の1997年にプリウスを発表したトヨタが今回展示場のど真ん中に展示した「i-Road」(写真4)は一つの方向性を示しているともいえよう。ヨーロッパ特有の街中の小道をスイスイと優雅に駆け抜けるイメージビデオも流されていたが、一つの生活スタイルを提案しているようであった。

(写真4)トヨタの「i-Road」

4月21日から開催される上海モーターショーのテーマは「革新?美しい生活」。一方、11月に開催される東京モーターショーのテーマは「世界にまだない未来を競え」。いずれのテーマにも「クルマ」という文字は出てこない。ちなみに前回2011年の東京モーターショーのテーマは「世界はクルマで変えられる」、前々回2009年は「クルマを楽しむ、地球と楽しむ」であった。

革新的な美しい生活とは、「クルマのない世界」というものに、「まだない未来」を暗示しているのか、双方のアジア発のモーターショーが「エコ」を超える次のテーマを叩きつけてくることを期待してやまない。

※本文中、意見にかかる部分は筆者の個人的見解であり、所属する組織等を代表するものではない。

(注)ジュネーブ・モーターショーの直後3月18日にジュネーブ日本政府代表部大使公邸にて、日系自動車企業支援のため、各国の大使や国際機関の幹部の参加を得たレセプションが開催された。筆者は当該レセプションに関与する機会を得ておりその際に関係者との意見交換の機会を得たもの。

このように政府が自動車を展示して企業支援のためのレセプションを開催するケースはあまりないようで、初回となった昨年今年も引き続き自動車専門紙でもその様子は取り上げられた。

写真5

写真6

写真7

写真8

(2013年5月13日掲載)

This page as PDF
国際環境経済研究所首席研究員

関連記事

  • 菅政権の下で「2030年CO2を46%減、2050年にCO2ゼロ」という「脱炭素」の目標が発表された。 しかしながら、日本は製造業の国である。製造業は石油、ガス、石炭などを燃やしてエネルギーを得なければ成り立たない。 特
  • 環境団体による石炭火力攻撃が続いている。昨年のCOP22では日本が国内に石炭火力新設計画を有し、途上国にクリーンコールテクノロジーを輸出していることを理由に国際環境NGOが「化石賞」を出した。これを受けて山本環境大臣は「
  • IPCCの報告がこの8月に出た。これは第1部会報告と呼ばれるもので、地球温暖化の科学的知見についてまとめたものだ。何度かに分けて、気になった論点をまとめてゆこう。 以前、「IPCC報告の論点⑥」で、IPCCは「温暖化で大
  • 日本の原子力問題で、使用済み核燃料の処理の問題は今でも先行きが見えません。日本はその再処理を行い、量を減らして核兵器に使われるプルトニウムを持たない「核燃料サイクル政策」を進めてきました。ところが再処理は進まず、それをつかうもんじゅは稼動せず、最終処分地も決まりません。
  • 先日、「国際貿易投資ガバナンスの今後」と題するラウンドテーブルに出席する機会があった。出席者の中には元欧州委員会貿易担当委員や、元USTR代表、WTO事務局次長、ジュネーブのWTO担当大使、マルチ貿易交渉関連のシンクタンク等が含まれ、WTOドーハラウンド関係者、いわば「通商交渉部族」が大半である。
  • このごろ世の中は「脱炭素」や「カーボンニュートラル」でにぎわい、再生可能エネルギーとか水素とかアンモニアとか、いろんな話が毎日のようにマスコミに出ています。それを後押ししているのがESG投資ですが、その意味がわからない人
  • やや古くなったが、2008年に刊行された『地球と一緒に頭を冷やせ! ~ 温暖化問題を問いなおす』(ビョルン・ロンボルグ著 ソフトバンククリエイティブ)という本から、温暖化問題を考えたい。日本語訳は意図的に文章を口語に崩しているようで読みづらい面がある。しかし本の内容はとても興味深く、今日的意味を持つものだ。
  • アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクのGEPRは、サイトを更新しました。

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑