原油安は日本経済復活のチャンス

2014年12月29日 16:00
池田 信夫
アゴラ研究所所長

原油価格は1バレル=50ドル台まで暴落し、半年でほぼ半減した。これによってエネルギー価格が大きく下がることは、原油高・ドル高に加えて原発停止という三重苦に苦しんできた日本経済にとって「神風」ともいうべき幸運である。このチャンスを生かして供給力を増強する必要がある。

しかし安倍第3次内閣は、依然としてアベノミクスと称する景気対策に固執し、「デフレ脱却」という無意味な目標を追求している。せっかく原油価格が下がったのに、日銀は追加緩和を行なってドル高にし、原油安を打ち消してしまった。このように政策の優先順位を間違えていると、せっかくのチャンスを逃がしてしまう。

アベノミクスが「神風」を止める

安倍第3次内閣の組閣後の記者会見でも、首相は景気対策に執着する一方で、エネルギー政策への言及はまったくなかった。彼の目標は憲法改正なので、増税や原子力などの厄介な(党内基盤を危うくする)問題も先送りし、安全運転に徹するのだろう。

この戦略においては、経済政策は政権維持の手段なので必然的に短期的な「景気対策」に片寄る。利害の対立する社会保障の削減には手をつけず、労働市場などの改革も先送りする。財政危機も、2018年までに何も起こらなければいいと割り切る――これは政治的には一貫しているが、経済的にはリスクが大きい。

このように景気政策に特化すると、長期の供給力が軽視される。今年のGDPがマイナス成長になり、貿易赤字が拡大した最大の原因は、安倍政権の発足から50%近い円安で交易条件(輸出物価指数/輸入物価指数)が悪化したことだ。図1のように2009年以降、交易条件はほぼ2割悪化した。その最大の原因は、エネルギー価格の上昇とドル高である。

図1 交易条件の推移(出所:日本銀行)

ただし直近の交易条件は、やや改善している。これは原油価格が下がるとともに輸出価格が上がってきたためだ。日銀の黒田総裁は「インフレ期待を定着させる」という理由で10月31日に追加緩和を行なったが、コアCPIの下がった最大の原因は原油価格なので、日銀が国債を買っても意味がない。

結果的には、追加緩和でドル高が急速に進んで、原油安のメリットはほぼ相殺されてしまった。「デフレ脱却」をかかげて金融政策を偏重するアベノミクスが、神風を止める結果になっているのだ。物価を上げることに意味はなく、それを日銀が自由自在にあやつることもできないことは、2年近い「実験」でわかった。

標準的なマクロ経済学によれば、物価上昇率はGDPギャップ(実質GDP-潜在GDP)の増加関数である。2008年の金融危機以降、日本経済のGDPギャップがマイナスで「協調の失敗」に陥っていた時期には、日銀の量的緩和の「偽薬効果」は小さくなかったが、GDPギャップがほぼゼロになった現在では、その効果はもうない。

製造業のグローバル化が経済再生の鍵

交易条件が下がっているもう一つの原因は、輸出物価が上がらないことである。これは自動車を除く日本の工業製品の国際競争力が低下し、付加価値の高い製品を輸出できなくなっているためだ。日本の「ものづくり」からの脱却が叫ばれて久しいが、日本のGDPの20%は製造業が生み出しており、その比率は所得収支(海外収益)を加算した国民総所得(GNI)ベースでみると25%を占める。

これに関連産業を加えると、GNIの3割以上は製造業関連であり、この比率は今後もあまり変わらないと予想される。たとえば電機メーカーが国内で製造していた液晶を台湾で生産し、その配当を所得収支として受け取ると、GDPは下がるがGNIは上がる。図2のように、この20年、実質GNIは一貫してGDPを上回り、その差(海外収益)は拡大している。

図2 GDP(国内総生産)とGNI(国民総所得)

この結果、日本は「貿易立国」から海外投資でかせぐ「資産大国」に変わってきた。2013年度の実質GDP成長率は1.8%だが、GNI成長率は2.4%である。今年度のGDP成長率はマイナスになる見込みだが、GNI成長率はプラスになると予想される。これは短期的には、ドル高で円建ての海外収益が上がったためだが、長期的にも製造業の海外シフトが進んでおり、円安でも変化はみられない。

世界的にもGDPよりGNIを重視する傾向が強まっており、話題になっているピケティ『21世紀の資本』は、すべての統計を国民所得ベースで集計している。これで考えると、日本経済の将来はそれほど悲観すべきものでもない。人口減少や高齢化は国内の現象であり、新興国で生産・販売すれば、グローバルな企業収益は上がるからだ。

この意味でのフロンティアは、まだ大きい。先進国の実質成長率は1~2%だが、中国(9%)を中心とする新興国では、平均5%前後の成長率が2050年ごろまでは続くと予想される。これが先進国にキャッチアップすると、今世紀中には全世界で1.5%程度の成長率に収斂するだろうとピケティは予想しているが、まだ十分大きな市場である。

グローバル化の主役は、製造業である。むしろ問題は、そのグローバル化が十分進んでいないことだ。図3のように日本の対外直接投資はGDPの15.2%、対内直接投資はわずか3.9%と、主要国できわだって少ない。イギリスはいずれもトップで、国内市場の衰退を海外投資で補っている。これが成熟した資産大国の姿だろう。

図3 直接投資比率の国際比較(出所:日本銀行)

生産拠点は海外にあってもいいが、中枢機能は日本にないと収益が還元されない。生産性の高い製造業が経済の中心であることは今後も変わらないが、それは国内で生産することを必ずしも意味しない。企業がグローバル化すると、エネルギー価格が高く供給の不安定な日本に立地する理由はなくなる。

したがってグローバル化が雇用の空洞化を招かないためにも、エネルギー価格を下げ、交易損失を減らすことが重要だ。これから高齢化し、労働人口が毎年1%ずつ減ってゆくと、労働者の9割は国内のサービス業に従事し、労働生産性が低下することは避けられない。それを補うために、製造業がグローバルに収益を上げる必要がある。景気対策にこだわるのをやめ、原発の運転を正常化し、エネルギー価格を下げて実体経済を改善する政策に転換すべきである。

(2014年12月29日掲載)

This page as PDF

関連記事

  • 以前、尾瀬の自然保護活動に関して「仮想評価法(CVM)」という手法を使ってその価値の計測を試みたことがある。ハイカーが押し寄せて自然が荒廃した1960年代の尾瀬の写真と、保護活動により回復した現在の尾瀬の写真を2つ提示し、尾瀬の美しい自然価値に対して自分が支払ってもいいと考える評価額(支払い意思額)を聞いたものだ。回答のなかには驚くほど高額の回答もあり、平均すると年間で1人1000円超となった。担当者としては、尾瀬の自然に高い価値を感じてくださっていることを嬉しく思うと同時に、その場で自分が支払うわけではない「架空の財布の紐」は緩いのだとも感じた。
  • 近代生物学の知見と矛盾するこの基準は、生物学的損傷は蓄積し、修正も保護もされず、どのような量、それが少量であっても放射線被曝は危険である、と仮定する。この考えは冷戦時代からの核による大虐殺の脅威という政治的緊急事態に対応したもので、懐柔政策の一つであって一般市民を安心させるための、科学的に論証可能ないかなる危険とも無関係なものである。国家の安全基準は国際委員会の勧告とその他の更なる審議に基づいている。これらの安全基準の有害な影響は、主にチェルノブイリと福島のいくつかの例で明らかである。
  • このような一連の規制が、法律はおろか通達も閣議決定もなしに行なわれてきたことは印象的である。行政手続法では官庁が行政指導を行なう場合にも文書化して根拠法を明示すべきだと規定しているので、これは行政指導ともいえない「個人的お願い」である。逆にいうと、民主党政権がこういう非公式の決定を繰り返したのは、彼らも根拠法がないことを知っていたためだろう。
  • 2月4日に公開したアゴラ研究所の運営するインターネット放送「言論アリーナ」の番組「原子力規制委員会は何を審査しているのか」の要旨を紹介する。
  • 監督:太田洋昭 製作:フィルムボイス 2016年 東日本大震災、福島第一原子力発電所事故から5年間が過ぎた。表向きは停電も電力不足もないが、エネルギーをめぐるさまざまな問題は解決していない。現実のトラブルから一歩離れ、広
  • アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。
  • 東京電力に寄せられたスマートメーターの仕様に関する意見がウェブ上でオープンにされている。また、この話題については、ネット上でもITに明るい有識者を中心に様々な指摘・批判がやり取りされている。そのような中の一つに、現在予定されている、電気料金決済に必要な30分ごとの電力消費量の計測だけでは、機能として不十分であり、もっと粒度の高い(例えば5分ごと)計測が必要だという批判があった。電力関係者とIT関係者の視点や動機の違いが、最も端的に現れているのが、この点だ。今回はこれについて少し考察してみたい。
  • サウジアラビアのエネルギー・産業・鉱物資源省(石油担当)大臣で、国営石油会社のサウジアラムコ会長を兼ねるカリード・A・アル・ファーレフ氏が9月1日の東京のセミナー「日本サウジアラビア〝ビジョン2030〟ビジネスフォーラム」で行った発言の要旨が公表された。

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑