原子力規制委のもんじゅへの勧告、財産権を奪う憲法違反の疑い

2015年12月21日 11:00
環境法研究家
(写真)高速増殖炉もんじゅ

原子力規制委員会は11月13日に、日本原子力開発機構(「機構」)の所有する高速増殖原子炉もんじゅに関し、規制委員会設置法に基づく勧告を出した。勧告の中心は、「機構に代わってもんじゅの出力運転を安全に行う能力を有すると認められる者を具体的に特定すること」というものである。

この勧告に対してはその直後から、原子力関係者はもとより法律関係者においてもかなりの違和感を持って捉えられたようだ。ここではその法律的な違和感に焦点を当てて考察したい。

財産権を剥奪する権限が原子力規制委にあるのか?

問題のポイントは、上に挙げた勧告の中の「機構に代わって」という点である。平たく言えば、行政機関である原子力規制委員会がいきなり「もんじゅ」の所有権を機構から奪ったということである。

現行の炉等規制法では、「原子炉設置者」はイコール「原子炉所有者」であることを前提としており、原子炉の運営委託であるとかリースとかいうことは法律上許容されていないし、想定されてもいない。

憲法では第29条で「財産権は、これを侵してはならない。」(第1項)とし、また「財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律で定める」としているのである。即ち、法律で禁止、制限されているようなことをしない限り財産権は保障されるということである。

それなのに、唐突に機構にはもんじゅの運転を行う主体としての資質を有していないと決め付け、機構からもんじゅを剥奪するというのである。原子力規制委員会にこんなことを言う権限権能が与えられているのか。

法律上は、「安全確保に関する事項」について勧告をすることができるだけであって、財産権を剥奪できるような権限は与えられていないと解するのが常識的な解釈であろう。これは機構が国の関係機関であろうと変わりはない。法律上機構に属するとされた施設についての処分権限は機構にだけあるのであって、それを外部の者が勝手に奪うことはできないというのが憲法の趣旨である。

原子力規制委員会がそれをするというのならば、その権限が設置法に書かれていなければならないのであるが、実際にはどこにも書かれていない。したがってこれは、法的権限あるいは行政の裁量権の範囲を逸脱した法律違反の行為であり、また同時に憲法違反の疑いの濃厚な行政行為であると言わざるを得ない。

適正手続の保障に反した立論

問題はまだある。「機構を代わらせる」即ち、機構からもんじゅを剥奪する前提として、原子力規制委員会は「出力運転を安全に行う主体として必要な資質を有していない」と判断したとしている。勧告本文の前に「一連の経緯と問題点」「評価」と題する3ページほどの説明が書かれているが、それをみても財産権を権力的に剥奪するに足る具体的な根拠、理由が書かれているとはとても見えない。

なぜならば、事実としてそこには抽象的な表現で推論に推論を重ねるようなことしか書かれていないのであるからである。本来今回の件のような憲法で保障された財産権に係わる重大な判断、決定をするならば、それを正当化する具体的な法律的根拠や判断基準とそれに沿った具体的な裏付け証拠等が示されなければならないことは、行政法の分野でも適用される「適正手続の保障」を持ちだすまでもないことである。それにも拘わらず、以下に見るようにそれらは全く示されていないというのが筆者の考察結果である。

抽象論と推測に終始する論拠

それでは原子力規制委員会が、具体的にどのような論理、論拠で「出力運転を行う資質はない」と断ずる判断に至ったのかを勧告文書から探ってみたい。勧告文書では「2 評価」として、(1)から(7)にわたって「機構に資質がない」旨の論理を展開している。(分量的に2ページくらい)少し長くなるが、その論理のポイントを具体的にまとめる。

(1)では、「原子炉設置者が所要の保安上の措置を適正かつ確実に行う能力は、ソフト面の要求の中心的な要素であって、安全規制上の重要性は言うまでもない」としている。

(2)では、「これを踏まえ、・・・保安措置命令を発出した。」「しかしながら、現時点で、使用前検査を進める前提となる保安措置命令についての対応結果の確認を行える状況にはない」としている。

(3)では、「・・・以上述べたことからして、機構がこれにふさわしい安全確保能力を持つとは考えられない」としている。

(4)でさらに、「今後、施設設備の老朽化や運転員等の流出や力量の低下が徐々に進行することを始め種々の安全上のリスクが懸念されるところであるが、これは、・・・原子炉施設の安全を確保する観点から看過することができないものである。」としている。

(5)(省略)

(6)で、「・・・発電用原子炉の運転を適確に遂行するに足りる技術的能力を有することは必要条件であり、・・・疑義が生ずるよこの必要条件にようであれば、発電用原子炉の出力運転を認めることはできない。」「当委員会としては、・・・機構はもんじゅの出力運転を安全に行う主体として必要な資質を有していないと考える」と結論付けている。

これを見て明らかなように、原子力規制委員会は「資質」の有無を判断するに足る具体的な要件や基準をなんら示していない。また定量的あるいは定性的評価を具体的に示すことなく、単に抽象論や推測を述べているに過ぎない。さらにもっと言えば、同じ事柄を、表現を変え繰り返し述べているだけである。

しかも上でみたように、推測に推測を重ねるという科学的判断にはあってはならない致命的な過ちを犯しているのである。これが科学的議論、科学的判断を標榜する原子力規制委員会の実相であったのかと思うと誠にさびしい限りである。

勧告は、即刻撤回されるべきである

以上見てきたように、今回の原子力規制委員会の勧告は、行政機関の行う行政行為に不可欠の適正手続や立証責任、説明責任が果たされていないのみならず、憲法違反の疑いすらあるということである。法律に従って行政を行うべき行政機関にあるまじきことであると思う。

このような権力的行政行為が、この法治国家である我が国において現実に起こっていることはおよそ信じがたいことである。しかしながら、これは厳然たる現実である。

さらにこの事実が報道されるに至っても、他の行政庁や行政官は何も問題を指摘していない。公務員には憲法上「憲法を尊重し擁護する義務」がある(第99条)というのに。また、人権問題や憲法問題に関心が深いマスコミも何も疑義を呈していない。これはどういうことを意味するのであろうか。

しかしながら、誰も何も言わないからと言って許されるものではない。憲法違反、法律違反の勧告は即刻撤回されるべきであると考える。

(2015年12月21日掲載)

This page as PDF

関連記事

  • 筆者は、三陸大津波は、いつかは分からないが必ず来ると思い、ときどき現地に赴いて調べていた。また原子力発電は安全だというが、皆の注意が集まらないところが根本原因となって大事故が起こる可能性が強いと考え、いろいろな原発を見学し議論してきた。正にその通りのことが起こってしまったのが今回の東日本大震災である。
  • 「トイレなきマンション」。日本の原子力政策では今、使用済み核燃料の後始末の問題が批判と関心を集める。いわゆる「バックエンド問題」だ。
  • (GEPR編集部より)12月8日に開催されたアゴラシンポジウムで行われた、原子力委員会の鈴木達治郎氏の基調講演で使われた、プレゼンテーション資料を公開します。鈴木様に感謝を申し上げます。内容をたどれば、基調講演の内容が、ほぼ分かります。
  • 敦賀発電所の敷地内破砕帯の活断層評価に関する「評価書」を巡っての原子力規制庁と日本原電との論争が依然として続いている。最近になって事業者から、原子力規制委員会の評価書の正当性に疑問を投げかける2つの問題指摘がなされた。
  • 12月22日に開催された政府の地球温暖化対策推進本部の会合で、本部長を務める安倍晋三首相が来春までの温対計画策定を指示しました。環境省の中央環境審議会と、経済産業省の産業構造審議会の合同会合で議論が始まっています。
  • 東京電力福島第一原発事故で、炉心溶融の判断基準があったのに公表が遅れた問題で、東電の第三者検証委員会は16日に報告書をまとめた。「当時の清水正孝社長が菅直人首相などの要請を受け『炉心溶融という言葉を使うな』と社内で指示していた」「意図的な隠蔽はなかった」とする内容だ。
  • 東日本大震災で事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所を5月24日に取材した。危機的な状況との印象が社会に広がったままだ。ところが今では現地は片付けられ放射線量も低下して、平日は6000人が粛々と安全に働く巨大な工事現場となっていた。「危機対応」という修羅場から、計画を立ててそれを実行する「平常作業」の場に移りつつある。そして放射性物質がさらに拡散する可能性は減っている。大きな危機は去ったのだ。
  • 原子力研究と啓蒙活動を行う北海道大学大学院の奈良林直教授に対して「原発推進をやめないと殺すぞ」などと脅迫する電話が北大にかかっていたことが10月16日までに分かった。奈良林教授は大学と相談し、10日に札幌北警察署に届けて受理された。

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑