捏造が発覚 CO2による海洋酸性化の研究

2021年05月11日 07:00
杉山 大志
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

地球温暖化によってサンゴ礁が失われるとする御用科学の腐敗ぶりを以前に書いたが、今度は別のスキャンダルが発覚した。

mihtiander/iStock

「CO2濃度が上昇すると魚が重大な悪影響を受ける」とする22本の論文が、じつは捏造だったというのだ。

報じたのはサイエンス(英文)。ネイチャーと並ぶ2大雑誌だ。「サンゴ礁御用科学」を批判し訴訟で係争中のピーター・リッドが解説をしている(英文)。

捏造をしたと告発されたのはサンゴ礁研究に関する権威であるジェームズクック大学(JCU)のフィリップ・マンデイ教授のグループ。

マンデイ教授らの一連の論文(ネイチャー、サイエンスなど有名誌を含む)では、CO2濃度が上がり、今世紀末に予測される水準になると、サンゴ礁の魚に以下の様な悪影響が及ぶとされた。

  • 捕食者の匂いを嗅ぐ能力を失い、逆に捕食者に引き付けられる
  • 過剰に活発になる
  • 視力が低下する

ティム・クラークは、これは重要な発見だと驚いた。しかしながら、追試したところ、全く再現できなかった。

不審に思ってマンデイの書いた論文を調べたところ、明らかなデータの捏造が幾つも見つかった。別の魚の実験の筈なのに、全く同じ測定値が繰り返し現れていたのだ。

クラークは他の6名の研究者とともに捏造を告発した。

お決まりのパターンだが、「権威ある研究者」はこぞって告発者であるクラークらを攻撃した。

特筆すべきは、国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で環境影響評価を担当する第2部会の共同議長を務めているドイツ人のハンス・オットー・ペルトナーの発言だ。

「そのような論争がコミュニティの外に出ると、コミュニティ全体が信頼を失うので有害である」

もはや科学的な真偽はどうでも良いようだ。

因みにマンデイ教授の疑惑はこれだけではない。グループの1人であるスウェーデン人のロンステットは、マイクロプラスチックが魚の行動に影響を及ぼし、捕食者に食べられやすくなることを「発見」した。しかし、これをおかしいと思ったクラークら7人は、ロンステットの仕事が捏造であったことを証明し、ロンステット論文は撤回された。

クラークによるマンデイ教授の告発が今後どのような帰結になるか、関連機関の対応が注目される。

地球温暖化の海洋生態系への環境影響研究は、深刻な問題を抱えているようだ。

地球温暖化のファクトフルネス

This page as PDF
杉山 大志
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑