IPCC報告の論点㉗:温暖化は海洋の振動で起きているのか

2021年11月02日 07:00
杉山 大志
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

IPCCの報告がこの8月に出た。これは第1部会報告と呼ばれるもので、地球温暖化の科学的知見についてまとめたものだ。何度かに分けて、気になった論点をまとめてゆこう。

IakovKalinin/iStock

IPCC報告では地球温暖化はCO2等の温室効果(とエアロゾルの冷却効果)によって起きていて、長期的な大気・海洋の自然振動の影響は殆ど無いとしている。

けれども、最近の衛星観測によると、海洋の振動の影響は、かなり大きそうだ。

太陽光は可視光などの短波長(Short Wave, SW)で地球に入射する。その反射成分を除いた正味の入射量を衛星観測データで見ると、2014年からの数年で1平方メートルあたり1ワット以上も大きくなっている(図1a)。SWが大きくなった理由は、主に、雲による太陽光の反射が減ったためと推計されている(図1d)。

これをCO2の効果と比較しよう。CO2による温室効果(放射強制力という)は、2011年時点において、1750年に比べて1平方メートルあたり1.68ワットだった(IPCC 2013)。

ということは、これまでの人類の累積のCO2排出による温室効果に匹敵する様な”温室効果”が、僅か数年のうちに、雲の変化によって発生していたことになる!

ではこのSWの増大をもたらした雲の変化の原因は何か。

海洋の変動に伴う海面温度の上昇によって、低層雲が減少し、太陽光の反射が減少した、と見られている。じっさいに、図2のように、海洋の振動を示す指標(太平洋10年振動指数PDO、エルニーニョ指数 Nino 3.4、海面平均温度SST)は、何れも2014年ごろに符号を変化させている。

さて2000年から2013年の間は地球の気温の上昇が停止して「ハイエイタス(停滞)」と呼ばれていたが、2014年以降に急激に上昇した。この急激な上昇はCO2の増加ではなく(CO2は急に上昇などしない)、海洋の振動に伴うものだったことが、図1図2から裏付けられた。

更に、海洋の振動と地球の気温の関係はもっと長期に渡るものだ、と指摘をする論文もある。

図3を見ると、海洋が蓄える熱量(Enthalpy)は、大西洋数十年規模振動(AMO)指数が高いときに急激に増える。地球が蓄える熱量の9割は海洋が蓄えるので、海洋が蓄える熱量とは、地球が蓄える熱量の増加とほぼ同じことである。

図3のBの時期にも、最近数十年とほぼ同じペースで、地球の気温は急激に上昇していたが、その後の1950-1985年ごろまでは気温は停滞していた。現在はCの時期だが、もしもこの熱量蓄積がAMOで駆動されているとすると、今後AMOが負に変化すれば、1980年代後半から起きてきた気温の上昇も、数十年にわたり止まるのかもしれない。

まとめると、AMOなどの自然振動によって、雲の量が制御され、地球の気温に大きな変化をもたらしているのかもしれない。地球温暖化の原因をCO2などの温室効果だけと決めつけるのはどうもまだ早計なようだ。

1つの報告書が出たということは、議論の終わりではなく、始まりに過ぎない。次回以降も、あれこれ論点を取り上げてゆこう。

 

【関連記事】
IPCC報告の論点①:不吉な被害予測はゴミ箱行きに
IPCC報告の論点②:太陽活動の変化は無視できない
IPCC報告の論点③:熱すぎるモデル予測はゴミ箱行きに
IPCC報告の論点④:海はモデル計算以上にCO2を吸収する
IPCC報告の論点⑤:山火事で昔は寒かったのではないか
IPCC報告の論点⑥:温暖化で大雨は激甚化していない
IPCC報告の論点⑦:大雨は過去の再現も出来ていない
IPCC報告の論点⑧:大雨の増減は場所によりけり
IPCC報告の論点⑨:公害対策で日射が増えて雨も増えた
IPCC報告の論点⑩:猛暑増大以上に酷寒減少という朗報
IPCC報告の論点⑪:モデルは北極も南極も熱すぎる
IPCC報告の論点⑫:モデルは大気の気温が熱すぎる
IPCC報告の論点⑬:モデルはアフリカの旱魃を再現できない
IPCC報告の論点⑭:モデルはエルニーニョが長すぎる
IPCC報告の論点⑮:100年規模の気候変動を再現できない
IPCC報告の論点⑯:京都の桜が早く咲く理由は何か
IPCC報告の論点⑰:脱炭素で海面上昇はあまり減らない
IPCC報告の論点⑱:気温は本当に上がるのだろうか
IPCC報告の論点⑲:僅かに気温が上がって問題があるか?
IPCC報告の論点⑳:人類は滅びず温暖化で寿命が伸びた
IPCC報告の論点㉑:書きぶりは怖ろしげだが実態は違う
IPCC報告の論点㉒:ハリケーンが温暖化で激甚化はウソ
IPCC報告の論点㉓: ホッケースティックはやはり嘘だ
IPCC報告の論点㉔:地域の気候は大きく変化してきた
IPCC報告の論点㉕:日本の気候は大きく変化してきた
IPCC報告の論点㉖:CO2だけで気温が決まっていた筈が無い

クリックするとリンクに飛びます。

「脱炭素」は嘘だらけ

This page as PDF
杉山 大志
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

関連記事

  • IPCCの報告がこの8月に出た。これは第1部会報告と呼ばれるもので、地球温暖化の科学的知見についてまとめたものだ。何度かに分けて、気になった論点をまとめてゆこう。 前回の論点㉑に続いて「政策決定者向け要約」を読む。 今回
  • 著者はIPCCの統括執筆責任者なので、また「気候変動で地球が滅びる」という類の終末論かと思う人が多いだろうが、中身は冷静だ。
  • 「海面が上昇する」と聞くと、地球温暖化を思い浮かべるかもしれない。しかし、地下水の過剰な汲み上げなどにより地盤が下がる「地盤沈下」によっても、海面上昇と類似の現象が生じることは、あまり知られていない。 2014年に公開さ
  • (GEPR編集部)原子力規制委員会は、既存の原発について、専門家チームをつくり活断層の調査を進めている。日本原電敦賀発電所(福井県)、東北電力東通原発(青森県)に活断層が存在すると同チームは認定した。この問題GEPR編集部に一般のビジネスパーソンから投稿があった。第三者の意見として紹介する。投稿者は電力会社に属していないが、エネルギー業界に関わる企業でこの問題を調べている。ただし匿名とする。
  • 元静岡大学工学部化学バイオ工学科 松田 智 今年6月2日に発表された「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略(案)」から読み取れる諸問題について述べる。 全155頁の大部の資料で、さまざまなことが書かれてい
  • (書評:ディーター・ヘルム「Climate Crunch」) 我が国の環境関係者、マスメディアの間では「欧州は温暖化政策のリーダーであり、欧州を見習うべきだ」という見方が強い。とりわけ福島第一原発事故後は原発をフェーズア
  • アゴラ研究所の運営するインターネット放送「言論アリーナ」。4月21日の放送では「温暖化交渉、日本はどうする?」をテーマに、放送を行った。出演は杉山大志(電力中央研究所上席研究員・IPCC第5次報告書統括執筆責任者)、竹内純子(国際環境経済研究所理事・主席研究員)、司会は池田信夫(アゴラ研究所所長)の各氏だった。
  • 福島第一原発に貯蔵された「トリチウム水」をめぐって、経産省の有識者会議は30日、初めて公聴会を開いた。これはトリチウム貯蔵の限界が近づく中、それを流すための儀式だろう。公募で選ばれた14人が意見を表明したが、反対意見が多

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑