変な戦争:ロシアのガスで儲けるウクライナ?

2022年05月09日 07:00
川口 マーン 惠美
作家・独ライプツィヒ在住

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ドイツがロシアからガスを輸入し続けていることを激しく非難し続けている。

ただ現実には、ロシアのガスは今もなおウクライナ経由の陸上パイプラインを通って西に向かって流れている。しかも、4月12日付のスイス紙『ヴェルトヴォッヘ』オンライン版によれば、「その量は戦争の前よりさらに増えた」。それで儲かっているのが、他ならぬウクライナだ。

これが野球か相撲なら、間違いなく八百長試合と呼ばれていることだろう。

Pomogayev/iStock

ウクライナとドイツのパイプライン

ウクライナの国土には、大きなガスパイプラインが3本走っている。まず、1本目はシベリアからくるパイプラインで、ベラルーシ経由でウクライナに入った後、2方向に分かれる。支流1はウクライナを縦断して南下。ルーマニアに抜けて最終地はイタリア。支流2はポーランド経由でチェコに入り、そこでさらに別れて、北ドイツと南ドイツに向かう。

その他に、シベリアから来るパイプラインがもう1本と、カザフスタンとの国境辺りのガス田から来るパイプラインがあるが、その両方ともがウクライナ国内で前述の1本目のパイプラインに合流する。つまりウクライナは、ロシアから来るパイプラインの重要なハブ地であり、まさにそのおかげで膨大なトランジット料が入る。そしてそれが、ウクライナの国家経済を支える大きな財源となっている。

一方、ドイツとロシアの間にはバルト海の海底を通る直結パイプラインもあり、もちろん、これを通じてもロシアガスがヨーロッパに流れる。ノルドストリームである。ノルドストリームのガス輸送に関しては、当然、ウクライナにはトランジット料が入らない。それなのに、ドイツとロシアがさらに2本目のノルドストリーム2を作ったことで、ドイツとウクライナの仲は険悪になった。ノルドストリーム2が稼働すれば、ウクライナ経由の陸上パイプラインの必要性は薄れ、他に大した収入のないウクライナは干上がってしまう可能性があった。

もっとも今では世界情勢の変化により、このノルドストリーム2は当面は運開の見込みがなくなっているが、それでも今なおゼレンスキー大統領がドイツを目の敵にしているのは、日干しにされそうになった恨みが尾を引いているのだろう。

拗ねたレバーソーセージ

4月12日には、ドイツの大統領シュタインマイヤー氏がキエフを訪問しようとしたところ、断られるという異常事態が起こった。ドイツ大統領は国家元首であり、肩書きとしては首相より上だ。それを締め出すというのは、はっきり言って常軌を逸している。

5月になって、テレビのインタビューで、なぜキエフを訪問しないのかと聞かれたショルツ首相が、「大統領が断られたのに自分が行くわけにはいかない」と答えたのは当然だったが、今度はそれを聞いた駐独ウクライナ大使が、ショルツ氏のことを「拗ねたレバーソーセージ (Beleidigte Leberwurst)」と罵った。

「拗ねたレバーソーセージ」というのは、拗ねる理由もないのに拗ねている人間を揶揄する時に使う言葉なので、さすがにあちこちで、ドイツの首相に対してあまりにも失礼だという声が挙がった。それにしても、ドイツから多くの経済援助を受けていることを思えば、ウクライナの言動はあまりにも非常識というか、子供染みているというか・・。

結局、5月5日、ゼレンスキー大統領がショルツ首相に電話し(謝罪をしたかどうかは不明だが)、5月9日のショルツ首相のキエフ訪問が決まったらしい。

ただ、5月9日というのは、第2次世界大戦のソ連戦勝の日であり、今でもロシアにとっては最高に重要な日だ。つまり、よりによってその日にショルツ首相がキエフに行けば、ロシアを最大級に刺激することは間違いない。ドイツは6日には、ウクライナへの戦車(自走式榴弾砲)7台の供与も決めたばかりだし、大丈夫だろうか・・?

ドイツはこのまま突き進むのか・・?

現在、ウクライナを通過するガスの量は1日あたりほぼ1.1億㎥で、ロシアの国営ガス会社ガスプロムからウクライナへは、年間約10億ドルが支払われている計算になるという。しかし、ゼレンスキー大統領はそんなことはおくびにも出さず、ビデオメッセージでEUに向かって、すぐにロシアからのエネルギーの輸入を止めろと繰り返しアピールしている。

そして、それを受けた欧州委員会は5月4日、6ヶ月以内にロシア原油の輸入をゼロにし、8ヶ月以内にそれ以外の石油製品の輸入をも停止するという、追加の制裁案を出した。もっとも、EUの制裁は加盟国27国が全会一致で賛成しないと成立しないから、これが通るかどうかは微妙だ。

一方、ドイツはそれとは関係なく、ロシア依存を減らす努力をしており、代替の化石燃料調達のために奔走しているのが緑の党のハーベック経済・気候保護相。もちろん、緑の党が今まで声を限りに叫んでいたCO2削減の話などすっかり消えている。

ハーベック大臣によれば、石油のロシアシェアはすでに35%から12%に減った。しかし、「我々は、インフレの加速、エネルギー価格の高騰、そして経済の停滞に見舞われるだろう」とのこと。石油ボイコットでこれだから、ガスでは先が思いやられる。今でさえ大きな貧富の差がさらに広がるだろう。

ドイツの不景気はEUの不景気である。だから、この自暴自棄的な制裁を、「我々はヨーロッパ人としてウクライナを助ける用意がある」という言葉だけで正当化し、突き進んでしまって良いものか。しかも、ロシアのお金が今もウクライナに流れていると思うと、何だか腑に落ちない気分にもなる。

【5月10日追記】
5月9日、ショルツ独首相はキエフを訪れなかった。その日はマクロン仏大統領がベルリンにやってきてウクライナ情勢について協議したほか、欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長が明後日にでも実現しそうに言っているウクライナのEU加盟は、そんな急には進まないということを確認し合ったようだ。なお、就任して間もない両氏だが、共に足元は盤石ではない。

This page as PDF

関連記事

  • 昨年の11月に米国上院エネルギー・天然資源委員会(U.S. Senate Committee on Energy and Natural Resources委員長はJohn Barrasso上院議員、ワイオミング州選出、
  • 電力自由化は、送電・配電のネットワークを共通インフラとして第三者に開放し、発電・小売部門への新規参入を促す、という形態が一般的な進め方だ。電気の発電・小売事業を行うには、送配電ネットワークの利用が不可欠であるので、規制者は、送配電ネットワークを保有する事業者に「全ての事業者に同条件で送配電ネットワーク利用を可能とすること」を義務付けるとともに、これが貫徹するよう規制を運用することとなる。これがいわゆる発送電分離である。一口に発送電分離と言ってもいくつかの形態があるが、経産省の電力システム改革専門委員会では、以下の4類型に大別している。
  • アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPRはサイトを更新しました。
  • 猛暑になるたびに「地球温暖化のせいだ」とよく報道される。 だがこれも、豪雨や台風が温暖化のせいだという話と同様、フェイクニュースだ。 猛暑の原因は、第1に自然変動、第2に都市熱である。地球温暖化による暑さは、感じることも
  • 原発は「トイレのないマンション」とされてきました。使用済みの核燃料について放射能の点で無害化する方法が現時点ではないためです。この問題について「核燃料サイクル政策」で対応しようというのが、日本政府のこれまでの方針でした。ところが、福島第一原発事故の後で続く、エネルギーと原子力政策の見直しの中でこの政策も再検討が始まりました。
  • 前回に続いて、環境影響(impact)を取り扱っている第2部会報告を読む。 ■ 今回は2章「陸域・水域の生態系」。 要約と同様、ナマの観測の統計がとにかく示されていない。 川や湖の水温が上がった、といった図2.2はある(
  • 「ドイツの電力事情3」において、再エネに対する助成が大きな国民負担となり、再生可能エネルギー法の見直しに向かっていることをお伝えした。その後ドイツ産業界および国民の我慢が限界に達していることを伺わせる事例がいくつか出てきたので紹介したい。
  • 京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授・名誉教授 鎌田 浩毅 我が国は世界屈指の地震国であり、全世界で起きるマグニチュード(以下ではMと略記)6以上の地震の約2割が日本で発生する。過去に起きた地震や津波といった自然災害

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑