今週のアップデート - アゴラシンポジウム報告(2015年12月14日)

2015年12月14日 19:00

アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンク「GEPR」(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

今週のアップデート

1) 【映像】原子力報道・メディアの責任を問う【シンポジウム報告1】

2) 原子力報道・メディアの責任を問う【シンポジウム報告2】

3) 田原総一朗の見た原子力・エネルギー報道の40年【シンポジウム報告3】

4) 原子力・エネルギーと報道を考える【シンポジウム報告4の1】

5) 原子力・エネルギーと報道を考える【シンポジウム報告4の2】

アゴラ研究所とその運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクのGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)は12月8日、第4回アゴラシンポジウム「原子力報道・メディアの責任を問う」を静岡県掛川市で開催しました。出演は田原総一朗(ジャーナリスト)、モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト、ミュージシャン)、松本真由美(東京大学客員准教授、キャスター)の各氏。池田信夫アゴラ研究所所長が司会を務めています。映像、まとめ記事、要旨3つでその内容を伝えます。

今週のリンク

1)COP21、パリ協定採択

日本経済新聞12月13日記事。パリで開催されていたCOP21で、温暖化対策の「パリ協定」が採択されました。実質的な内容は厳格な制約を各国政府に課すものではありません。かなり緩い制約になっています。

2)The Climate Path Ahead

NYタイムズ12月12日記事。NYタイムズの環境・エネルギー記者のアンドリュー・リプケン氏のコラム。COPを解説。削減約束は2030年ごろまでで、それ以降は経済成長の始まる新興国の抑制策が必要になるだろうという解説です。

3)課題抱え「日印新時代」 原子力協定に原則合意

朝日新聞12月13日記事。日本とインドが原子力技術の移転などを約束した原子力協定の締結で原則合意しました。日本の原発輸出の機会が増える一方で、軍事転用への懸念が残ります。その解説記事です。

4)原子力政策を決めるのは政府です

国家基本問題研究所。意見広告。保守系の団体が、もんじゅの処理、規制委員会の規制行政の問題点を指摘しました。意見は同意できるものの、政治問題化することで、問題解決が遠のく可能性もあります。

5)原発立地市民、不安と要望今も 御前崎市が意見公表

静岡新聞12月9日記事。今回のシンポジウムで登場した、浜岡原発をめぐり地元住民の不安と要望をまとめた記事です。こうした疑問も、原子力では受け止める必要があります。

This page as PDF

関連記事

  • 原子力をめぐる論点で、専門家の意見が分かれているのが核燃料サイクルについての議論です。GEPRは多様な観点から問題を分析します。再処理は進めるにしても、やめるにしても多くの問題を抱えます。
  • 米国シェールガス革命に対する欧州と日本の反応の違いが興味深い。日本では、米国シェールガス革命によって日本が安価に安定的に燃料を調達できるようになるか否かに人々の関心が集中している。原子力発電所の停止に伴い急増した燃料費負担に苦しむ電力会社が行った値上げ申請に対し、電気料金審査専門委員会では、将来米国から安いシェールガスが調達できることを前提に値上げ幅の抑制を図られたが、事ほど左様に米国のシェールガス革命に期待する向きは大きい。
  • アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。
  • 表面的に沈静化に向かいつつある放射能パニック問題。しかし、がれき受け入れ拒否の理由になるなど、今でも社会に悪影響を与えています。この考えはなぜ生まれるのか。社会学者の加藤晃生氏から「なぜ科学は放射能パニックを説得できないのか — 被害者・加害者になった同胞を救うために社会学的調査が必要」を寄稿いただきました。
  • 発送電分離、地域独占を柱とする電力システム改革の見直しが検討されています。6月の国会では、審議未了によって廃案になりましたが、安倍内閣は再提出の意向です。しかし、実施によって、メリットはあるのでしょうか。
  • 東京大学公共政策大学院教授の関啓一郎氏に、「電力・通信融合:E&Cの時代へ — 通信は電力市場へ、電力は通信融合に攻め込めもう!」というコラムを寄稿いただきました。関教授は、総務官僚として日本の情報通信の自由化や政策作成にかかわったあとに、学会に転身しました。
  • 文藝春秋の新春特別号に衆議院議員の河野太郎氏(以下敬称略)が『「小泉脱原発宣言」を断固支持する』との寄稿を行っている。その前半部分はドイツの電力事情に関する説明だ。河野は13年の11月にドイツを訪問し、調査を行ったとあるが、述べられていることは事実関係を大きく歪めたストーリだ。
  • エネルギー、原発問題では、批判を怖れ、原子力の活用を主張する意見を述べることを自粛する状況にあります。特に、企業人、公職にある人はなおさらです。その中で、JR東海の葛西敬之会長はこの問題について、冷静な正論を機会あるごとに述べています。その姿勢に敬意を持ちます。今回は、エネルギー関係者のシンポジウムでの講演を記事化。自らが体験した国鉄改革との比較の中でエネルギーと原子力の未来を考えています。

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑