COP28の結果を「化石燃料からの脱却」と言う印象操作

2023年12月22日 06:50

peshkov/iStock

先日、COP28の合意文書に関する米ブライトバートの記事をDeepL翻訳して何気なく読みました。

Climate Alarmists Shame COP28 into Overtime Deal to Abandon Fossil Fuels

以下はブライトバート記事の抜粋とDeepLの翻訳です。

The COP28 climate conference in Dubai seemed to be heading for an anticlimax on Tuesday, as the last scheduled day of negotiations passed without reaching the top goal of the climate movement: a worldwide agreement to phase out fossil fuels.

The conferees went into “overtime,” however, and were able to hammer out a “historic” deal to “transition away” from fossil fuels in a “just, orderly, and equitable manner” to “achieve net zero by 2050.”

There was still some grumbling about a much weaker agreement than the climate faithful wanted. The coming months will surely be filled with debate about what “transition away” means, compared to the originally desired language of “phase out,” and just how many exceptions will be granted under the rubric of “just, orderly, and equitable.”(太字は筆者)

火曜日にドバイで開催されたCOP28気候変動会議は、予定されていた交渉の最終日を化石燃料からの脱却という気候変動運動の最重要目標に到達することなく終え、拍子抜けに終わるかと思われた。

しかし、会議参加者たちは “延長戦 “に入り、”2050年までに正味ゼロを達成する “ために、”公正、秩序ある、公平な方法”で化石燃料から “脱却“するという “歴史的”合意を打ち出すことができた。

気候変動信奉者が望んでいたよりもはるかに弱い合意には、まだ不満の声もあった。今後数カ月は、「段階的な脱却」という当初望まれていた表現と比較して、「脱却」とは何を意味するのか、また、「公正、秩序ある、公平な」という名目で、どれだけの例外が認められるのか、といった議論に明け暮れることになるに違いない。(太字は筆者)

その後、12月19日付杉山大志氏のアゴラ記事を読みました。

COP28 「化石燃料からの脱却に合意」とは本当か

NHKニュースを見るとCOP28では化石燃料からの脱却、と書いてあった。

だが、これはほぼフェイクニュースだ。こう書いてあると、さもCOP28において、全ての国が化石燃料から脱却する、と合意したように読める。

実際に決定したことは、「この会議(COP28)は、締約国に対し、化石燃料からトランジション・アウェイすることを呼び掛ける」というだけだ。

だからNHKの見出しは正確に書き直すと「COP28が参加国に化石燃料からの移行を呼び掛けた」である。

DeepLもNHKと同じように「transition away」を「脱却」と表現していました。

そこでGoogle翻訳でも同じ文章を試してみたところ、こちらは「移行」と訳してくれました。

ドバイで開催されたCOP28気候会議は火曜日、気候変動運動の最大の目標である化石燃料を段階的に廃止するという世界的な合意に達することなく予定された交渉の最終日を過ぎ、アンチクライマックスに向かうかに見えた。

しかし、会議出席者らは「延長戦」に入り、「2050年までに純ゼロを達成」するために「公正、秩序、公平な方法」で化石燃料から「移行」するという「歴史的」合意をまとめることができた。

気候変動の信奉者が望んでいたよりもはるかに弱い合意については、依然として不満の声があった。今後数カ月は、当初望まれていた「段階的廃止」という文言と比べて「移行」が何を意味するのか、そして「公正、秩序的、公平」という理念のもとにどれだけの例外が認められるのかについての議論で盛り上がることは間違いない。(太字は筆者)

移行と脱却ではまったく印象が異なります。どうやらDeepLはGoogle翻訳よりも気候危機論者のようです。海外の記事を読めるのはとても便利なのですが、訳文だけでなくちゃんと原文も読まなければならないなと改めて思いました。サボってはなりませんね。

続いて、報道をざっと見返したところ、ほとんどのメディアで「脱却」と表現されていました。

COP28閉幕後、12月18日に環境省外務省が結果概要をリリースしました。日本政府代表団の報告ではどこにも「脱却」という言葉はなく、すべて「移行」となっています。

「移行」について身近な例で考えると、たとえばスマートフォンの機種変更やパソコン更新時のデータ移行があります。もちろんデータを消去するわけではありません。ブライトバート記事にある通り、化石燃料の移行と言われても筆者には意味が分かりませんが(石炭を天然ガスにするなど?)、これを「脱却」とした場合には化石燃料の廃止をめざすという印象になります。

杉山氏の指摘通り、「脱却」と表現して世界中で化石燃料が廃止されるかのような印象を与える報道はフェイクニュースと言われても仕方がありません。

我々企業人を含め大半の国民は忙しいので日々の情報を報道から入手します。都度原文にあたる時間などないので、メディアは事実をそのままに、公正で公平に報じてほしいものです。

『「脱炭素」が世界を救うの大嘘』

This page as PDF

関連記事

  • 立春が過ぎ、「光の春」を実感できる季節になってきた。これから梅雨までの間は太陽光発電が最も活躍する季節となるが、再エネ導入量の拡大とともに再エネの出力制御を行う頻度が多くなっていることが問題となっている。 2月6日に行わ
  • 英国のエネルギー政策をめぐる政府部内の対立が激化している。11月11日の英紙フィナンシャル・タイムズでは Ministers clash over energy bill という記事が出ていた。今月、議会に提出予定のエネルギー法案をめぐって財務省とエネルギー気候変動省の間で厳しい交渉が続いている。議論の焦点は原子力、再生可能エネルギー等の低炭素電源に対してどの程度のインセンティブを許容するかだ。
  • 本年1月に発表された「2030年に向けたエネルギー気候変動政策パッケージ案パッケージ案」について考えるには、昨年3月に発表された「2030年のエネルギー・気候変動政策に関するグリーンペーパー」まで遡る必要がある。これは2030年に向けたパッケージの方向性を決めるためのコンサルテーションペーパーであるが、そこで提起された問題に欧州の抱えるジレンマがすでに反映されているからである。
  • 米ニューヨーク・タイムズ、および独ARD(公営第1テレビ)などで、3月7日、ノルドストリームの破壊は親ウクライナ派の犯行であると示唆する報道があった。ロシアとドイツを直結するバルト海のガスパイプラインは、「ノルドストリー
  • 2017年1月からGEPRはリニューアルし、アゴラをベースに更新します。これまでの科学的な論文だけではなく、一般のみなさんにわかりやすくエネルギー問題を「そもそも」解説するコラムも定期的に載せることにしました。第1回のテ
  • 米国マンハッタン研究所の公開論文「エネルギー転換は幻想だ」において、マーク・ミルズが分かり易い図を発表しているのでいくつか簡単に紹介しよう。 どの図も独自データではなく国際機関などの公開の文献に基づいている。 2050年
  • 電力危機の話で、わかりにくいのは「なぜ発電所が足りないのか」という問題である。原発が再稼動できないからだ、というのは正しくない。もちろん再稼動したほうがいいが、火力発電設備は十分ある。それが毎年400万kWも廃止されるか
  • 浜野喜史参議院議員(民主党)は、原子力規制委員会による規制行政、また日本原電敦賀2号機の破砕帯をめぐる問題を国会で10回以上、質問で取り上げている。規制行政への意見を聞いた。

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑