今週のアップデート — GEPR開設1年、読者の皆さまへの感謝(2013年1月7日)

2013年01月07日 16:00

アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンク「グローバルエナジー・ポリシーリサーチ(GEPR)」は、12年1月1日の開設から1周年を経過しました。読者の皆さまのご支援、ご支持のおかげです。誠にありがとうございます。

累計で250万ページビュー、最近では月20万〜25万ページビューと国内の論文サイトでは異例となる多数の閲覧数となっています。

東日本大震災と、原発事故により国民的な関心がエネルギー問題で高まり、各所で議論が続いています。GEPRは読者の皆さまがその議論に参加することに役立つように、これからもエネルギーを巡る中立かつ正確で分かりやすい情報を提供していきます。またGEPRはエネルギーをめぐる皆さまからの投稿、ご意見を募集しています。投稿は info@gepr.org まで。

今週のリンク

1)「放射線防護の革命を今こそ — より安全で安価な原子力利用のために」。オックスフォード大学名誉教授の物理学者であるウェード・アリソン氏から、日本の現状、そして世界の原子力をめぐる寄稿をいただきました。

アリソン氏は、福島事故に対する過剰反応が、日本と福島の復興を混乱させ、世界の原子力規制で過剰なコストを発生させていると、指摘しています。

2)「ハリケーン・サンディ、電力復旧遅れの理由 — 報道番組「ダン・ラザー・リポート」より」。昨年12月に米国東海岸を襲ったハリケーン・サンディは甚大な被害をもたらしました。ニュージャージー州の混乱の理由についての報道番組を、現地のエネルギー研究者の協力により要旨をまとめました。

3)提携する国際エネルギー環境研究所(IEEI)の論説を転載します。専門家のグループ電力改革研究会による「ハリケーン・サンディによる米国東部大規模停電が問いかけたもの
— 停電と電力システム論に関する日米比較
」です。サンディの復旧の遅れをより広い視点で分析しています。

今週のリンク

1)「安倍首相、再稼動について明言せず—年頭記者会見」(首相官邸ホームページ

安倍首相は年頭記者会見で原発政策の質問に、以下のように述べました。

「科学的安全基準のもとで再稼働を判断していくこととし、そして、3年程度で既存原発の規制を見極めながら、10年かけて新しい安定したエネルギーミックスに移行させてまいります」。

この言葉から推察すると、再稼動、原発の未来をめぐる決定は、かなり長引きそうです。

2)「Exports of American Natural Gas May Fall Short of High Hopes(期待先行の天然ガス輸出)」。米ニューヨーク・タイムズの1月5日記事です。米国内で、安い値段で産出できるシェールガスを国外に輸出したいという期待が、エネルギー関係者の間で高まっていることを伝えています。しかし政府による規制、また輸出設備がないという問題があります。

3)「日本のエネルギー「ゼロの呪縛」を解こう 原子力を基軸に再構築せよ」

産経新聞の1月7日社説です。国民の原子力とエネルギー政策への信頼が壊れてしまった以上、原子力を基軸にするという主張は、現実の問題としてかなり難しいでしょう。

4)「原子力の時代を超えて 年のはじめに考える」。

東京中日新聞の1月4日社説です。かなり感情的な脱原発を主張する意見であり、その道筋は書かれていません。しかし原子力をめぐる日本の「空気」を示す文章として参考になります。

5)「「手抜き除染」横行 回収した土、川に投棄」「手抜き除染、夏から苦情殺到 環境省、対応おざなり」。朝日新聞の1月4日、5日の記事です。朝日新聞は除染が、かなりいいかげんに行われている事実についてのキャンペーンを行っています。確かにその通りです。しかし地域と効果を限定せず、全域を除染しようという国、自治体の非現実的な計画の是正をしなければなりません。大量の廃棄物に対応できなくなっています。

6)「Cancellation leaves no options for US waste」(米国の核廃棄物の選択肢、手詰まりに)。米国のWorld Nuclear Newsの1月4日掲載記事。米国は使用済核燃料の最終処分場の選定で、ユタ州のユッカマウンテンを選んでいました。ところがそれが住民の反対などで頓挫。暫定保管所をユタ州の別の場所で検討していましたが、地元の反対でそれも不可能になりそうなことを伝えています。どの国も、使用済核燃料の処分について行き詰まっています。

This page as PDF

関連記事

  • GEPRフェロー 諸葛宗男 はじめに 原発の安全対策を強化して再稼働に慎重姿勢を見せていた原子力規制委員会が、昨年12月27日、事故炉と同じ沸騰水型原子炉(BWR)の柏崎・刈羽6,7号機に4年以上の審査を経てようやく適合
  • 四国電力の伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の抗告審で、広島高裁は16日、運転の差し止めを認める決定をした。決定の理由の一つは、2017年の広島高裁決定と同じく「9万年前に阿蘇山の約160キロ先に火砕流が到達した
  • 日本は「固定価格買取制度」によって太陽光発電等の再生可能エネルギーの大量導入をしてきた。 同制度では、割高な太陽光発電等を買い取るために、電気料金に「賦課金」を上乗せして徴収してきた(図1)。 この賦課金は年間2.4兆円
  • 京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授・名誉教授 鎌田 浩毅 我が国は世界屈指の地震国であり、全世界で起きるマグニチュード(以下ではMと略記)6以上の地震の約2割が日本で発生する。過去に起きた地震や津波といった自然災害
  • 小泉環境相が悩んでいる。COP25で「日本が石炭火力を増やすのはおかしい」と批判され、政府内でも「石炭を減らせないか」と根回ししたが、相手にされなかったようだ。 彼の目標は正しい。石炭は大気汚染でもCO2排出でも最悪の燃
  • 有馬純 東京大学公共政策大学院教授 今回のCOP25でも化石賞が日本の紙面をにぎわした。その一例が12月12日の共同通信の記事である。 【マドリード=共同】世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」は11日、地球温暖
  • 本年9月の総選挙の結果、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU)は全709議席のうち、246議席を獲得して第1党の座を確保し、中道左派の社会民主党(SPD)が153議席で第2党になったものの、これまで大連立を
  • ろくにデータも分析せずに、温暖化のせいで大雨が激甚化していると騒ぎ立てるニュースが多いが、まじめに統計的に検定するとどうなのだろう、とずっと思っていた。 国交省の資料を見ていたら、最近の海外論文でよく使われている「Man

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑